1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「バランス」を意識したトレードを目指す

「バランス」を意識したトレードを目指す

「バランス」を意識したトレードを目指す

トレードの考え方Vol.71

皆様こんにちは。
吹く風が肌に心地よいこの頃、暑くも寒くもない過ごしやすい季節となりましたね。

さて、前回に記載しました2点について、確認してみるところから始めましょうか。

(1)「10日木曜の夕方から晩にかけてのGBPについて、現在は下げ基調ですから流れが切り替わっていくのかどうか?逆張り買いの仕掛けタイミングが上手くハマれば戻しの部分を拾っていきたいところです」

こちらですが、GBP/JPYにて+175Pipsの逆張り買いを、上手く拾うことができました。

ここからは押し目のポイントを探りますが、ん~微妙そうです。
トレンドラインに沿う形成を待ちますが、消費者物価指数・カーニー総裁発言・小売売上高・GDPで動き出しを狙っていくのも考慮して、週後半ではボラティリティが高まるので
しっかりとタイミングを図りたいと思います。

(2)「USDについては、6月利上げ観測を背景にドル買い優勢の地合いが続くのかどうか?!USD/JPYは、ゴールデンウィーク前の高値110円台を目指して突破も考えられます。
もしくは、ゴールデンウィークの中で雇用統計やFOMCのイベントで110円台を付けたことで一部達成感が広がって、しばらくはレンジ相場での展開もありますから、5月中盤戦は節目の価格帯攻防に注目しております」

USD/JPYは押し目のブレイクで、節目の価格帯攻防に注目していたところから抜けたので+90ips獲得することができました。
結果よりもその狙い通りの行動が取れるかどうか?このほうが大事でして、セオリーをしっかり構築していれば問題なく行動もできるようになっていきます。

直近では、米朝首脳会談中止の可能性?!
リスク回避的な円買いがさらに広がるのでしょうか・・・。
可能性は低いと思いますが、具体的なドル買い材料が出てくるかどうか??

また24日AM3時FOMC議事録が材料となっていくのか注目ですね。
6月FOMCの利上げについては、ほぼ織り込み済みですからサプライズの余地はないと思います。年内にあと3回以上の利上げを行う可能性が示唆されたらドル買いの強気材料となりそうですが、前回を鑑みれば可能性は薄そうです。

今回のFOMC議事録は、トレンド再開のきっかけになりうるか?
米10年債も正の相関が続いていますから動向をチェックしながら月末も考慮して推移・方向感をしっかり確認していきます。

6月の傾向

各通貨ペアの6月傾向

いずれも5月の値動きと比較すると騰落率が小さくなる傾向にあります。

ボラティリティの低下から細々とした戦略を敷くようになりますので、ホームランではなくヒットを打って得点を重ねます。
そして、継投よく守備をするので資金管理のLot調整が必要です。

気になるところはEURの動きです。
GBPは夏場に売られる傾向が高いのですが、今年は6月の前段階で大きな動きがあるのかどうか?このGBPによってEURに影響が出てくるのか?に注目しております。

現在のGBP経済成長はEU残留の場合を想定してイングランド銀行が2年前に作成した予測より最大2%低いと指摘されており、世帯収入が低くなっています。

停滞している企業投資はブレグジット交渉が最終合意に至れば、急激に改善する可能性があるとの見通しを示していますが、関税をめぐる論争に決着がつかない限りそのような状況になるとは考えにくいそうです。

問題をずっと抱えているので、相関やバランスに気を付けたいと思います。

検証で大事な部分はどこ??

ユーロドル15分足 売りロジック

これはEUR/USD 15分足 売りロジックです。

エントリーはちょっとだけ凝っていますが、エグジットは利確・損切のみで作成。

おっ! 利益になっているね。
おっ! プロフィットファクターもまずまずだね。
おっ! 取引回数もまずまずだね。
おっ! 勝率85%もまずまずだね。

等々・・・気になる数値があると思いますが、グラフは右肩上がりでもこの内容では将来にわたって優位性が高いか?というと難しいです。

それは何故か?
勝率に過信しているからです。

あくまでも過去検証上の勝率があってこその、利益内容になっているからです。
もちろん、高勝率に越したことはありませんが、この勝率を維持しながら将来も推移していくか?というと、そんな簡単には進んでいかないことが多いです。

それでは、リスクリワードレシオを高めに設定すればいいじゃないか?
となりますが、多くの場合は勝率を上げようとすれば、リスクリワードレシオは下がりますし、逆にリスクリワードレシオを上げれば勝率は下がる傾向です。

高リスクリワードレシオ・低勝率のロジックもいっぱいありますが、この場合はメンタルに影響を及ぼします。
負けが連続すると気が滅入ってルールを無視してしまう可能性や環境を作ります。勝てるといっても、ストレスの溜まるトレードを続けると、いつか破綻します。無理をする必要はありません。

当然、期待値はプラスでありますが、リスクリワードレシオと勝率の両方を如何に高くするか?相対する要素を考慮するのがトレーダーの力量となります。

何事も「バランスよく」がトレードでは大事です。

その時ばかりに一喜一憂するのではなく
その時ばかりに右往左往するのではなく
中長期での目標達成をする為に必要な軸をしっかりと設けていくことが大事です。

それでは「一行三昧」(1つの修行法を一心に励むこと)ということで、また次回よろしくお願い致します。

TAMURAより

最後にあなたへのメッセージ

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

投資は少し学んだ程度ではなかなか身につかないのが難しいところです。

あれっ? こういう相場はどう判断したらいいんだろう?
あれっ? あの時学んだのと違う動き方をしているぞ?

そういった経験は、特にFX初心者であれば一度はあるでしょう。

だからこそ、プロであっても日々の学習を怠ることができないわけです。
実際に私も、今でも学習や分析を行いながら、常に変化する相場を判断するようにしています。

ぜひこれからFXを始めようと考えている方は、学習を続けることを習慣化させるところから始めてもらいたいと思いますね。

それは私だけでなく、クロスリテイリングさんでもお伝えしている投資家として大切な考え方となります。今だけでなく、中長期的に稼げるトレーダーというのは、やはり学習がなにより大切なものになるんですね。

そうした考え、気持ちがクロスリテイリングさんと一致したために、私はこうして多くの方に投資知識をお伝えする場を設けてもらっています。最後まで読んでくださった方は、ぜひその投資家の大切な部分を覚えておいてください。

また、とうし科!!でお伝えしている内容に併せてオススメしたいのが、私が講師を務めさせてもらっている無料講座「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」です。

このコンテンツでは名前のとおり、1分足で瞬時に稼げるロジックを紹介しています。
シンプルでありながら、その内容は私が10年間、検証を繰り返しながら作り上げた珠玉のロジックです。この1分足ロジックのルールに則ってトレードするだけで、8割以上の勝率を叩き出すことにも成功しています。

そのため、なかなか利益を上げられないと悩んでいるFXトレーダーには、ぜひ一度学んでみてもらいたい内容です。

また、もうひとつの特徴として、シンプル故に再現性が高いロジックである点も挙げられます。つまり、これからFXを学んですぐに利益を手にしたいと考えている初心者にとってもオススメできる無料講座だと思っています。

短時間で簡単に稼げる内容ですから、スキマ時間でトレードしたい人にも適しているでしょうね。安定してコツコツ収益を積み重ねることができるロジックを無料で学べる機会はなかなかありませんよ。

現在のところは無料で受講できる講座ですが、こちらは期間限定となっています。ここで興味を持ってくれた方は、この機会を逃さないでください。

今すぐ利益を得たいと思っている方。
FXを学習するための無料講座を探している方。
短時間で稼げる方法を学びたい方。

上記に当てはまると思ったら、今すぐ下記から私の「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」でFXの学習をすることで、稼げるトレーダーを目指してください。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「バランス」を意識したトレードを目指す

PAGETOP