1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「通貨の傾向」を捉えて相場を分析してみる

「通貨の傾向」を捉えて相場を分析してみる

「通貨の傾向」を捉えて相場を分析してみる

トレードの考え方Vol.76

皆様こんにちは。
連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか?!

さて、連日の日銀会合や米経済指標を乗り越えて、残すはFOMCの結果公表待ちという感じでしょうか?!

ですが、大きな波乱は無さそうですね・・・。

6月に利上げを行っており、市場情報では次の利上げを9月と予想しているため、ほぼ織り込み済みという流れから極端な動きは見られそうもないです。

FOMCがインフレ目標の対象としているPCEコアデフレータの結果にも注目でした。
米国の個人の所得と消費について調査した指標です。このうち個人所得とは、社会保険料を控除し実際に個人が受け取った所得になります。

この個人所得は消費動向を決定付ける大きな要因ともみられており、賃金給与・賃貸・利子配当等といった所得の構成項目や、可処分所得・貯蓄率なども同時に発表されます。

個人消費支出(PCE)とは1か月間で実際に米国の個人が消費支出した金額について集計したものであり、米国GDPの約7割を占める個人消費の動向は米経済にも大きな影響を与えることで注目されていたりします。
特に名目個人消費支出の前月比などが注目度は高くなる傾向です。

名目個人消費支出(名目PCE)を実質個人消費支出(実質PCE)で割ったものがPCEデフレータと呼ばれるものであり、これも同時に発表されます。
PCEデフレータ変化率がプラスであれば物価上昇、マイナスであれば物価下落です。

31日21時30分発表で前年比2.2%・前月比0.1%となり、大きな変化は見受けられないことも考慮してFOMCを様子見していこうと思います。

月末・月初の週でありますから経済指標には鋭く監視をしていく必要がありますからFOMCのみならず、特に2日20時~英イングランド銀行インフレ報告書・公定歩合・20時30分~イングランド銀行カーニー総裁発言にも注目ですね。
緩やかに利上げの方向でしょうか?!

そして、3日21時30分~雇用統計ですから、ボラティリティがUPしている状況で節目になっている価格帯攻防に着目しております。
ひとまず、今週は焦らずじっくり相場と向き合っていきます。

8月の相場傾向

さて、8月ですが季節要因からして基本的には下げやすい傾向というのが騰落率から伺えます。上げてもそんなに大きくない動向はチャートからも確認ができますので、前半戦・後半戦としっかり戦略を分けて準備していく必要があります。

7月の終値に対しての8月変動幅については、大きなブレが生じていないのがわかります=ボラティリティが低くなる傾向になります。

某協会の店頭外国為替証拠金取引月次出来高、建玉データファイルを見ても例年の8月出来高はそんなに高くないです。

8月にトレードするための戦略

日本は8月=お盆休み。
8月中旬は1週間近く休みの方も多いのではないでしょうか?

世界を見渡すと8月はサマーバケーションです。
AIやシステムに任せてしまえば休みも関係ないかもしれませんが所詮、動かしているのは人ですから、休みに合わせて流動性は低下傾向です。

USD/JPYについては、2018年6月の相場状況を参考にしながら戦略を練っていきたいと思います。その時に活躍したロジックは??等々。

そして、日米両政府は閣僚による新たな通商協議を8月9日にワシントンで行う方向で最終調整に入りました。
日本政府内では、保護主義的な動きを強めるアメリカが、自動車や農業分野で一層の市場開放を求めてくるのではないかという警戒感が出ていて、難しい対応を迫られることも予想されます。

USD/JPYが上昇傾向ということで再度、トランプ大統領からドル高をけん制する発言が出てくる可能性もあるのかどうか?!8月の傾向通りに上昇しにくい環境や時期タイミングとなっていくかもしれません。

引き付けてからの売りロジックに期待が持てる状況かと思いますので、各材料を吟味しながらシステム的なトレードを行っていきます。

トレードの曜日動向

システム的なトレードでの「○○○/JPY」の各、曜日動向です。
どういう曜日で?どういう時間帯で?上がりやすい?下がりやすい?・・・というのも、このように明確な「偏り」が存在しております。
(独自開発検証システムにて)

偏りの把握は、我々個人トレーダーにとって、とても参考になる手段の1つです。

「○○○/JPY」は一定方向に偏る癖があります。

夏季の傾向を図るのにも参考材料になります。
そして、その時の逆相関通貨も活用すると傾向分析になります。
ある程度の強弱&方向感を把握して臨んでいきましょう。

是非、検証していきましょう!!

それでは「一行三昧」(1つの修行法を一心に励むこと)ということで、また次回よろしくお願い致します。

TAMURAより

最後にあなたへのメッセージ

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

投資は少し学んだ程度ではなかなか身につかないのが難しいところです。

あれっ? こういう相場はどう判断したらいいんだろう?
あれっ? あの時学んだのと違う動き方をしているぞ?

そういった経験は、特にFX初心者であれば一度はあるでしょう。

だからこそ、プロであっても日々の学習を怠ることができないわけです。
実際に私も、今でも学習や分析を行いながら、常に変化する相場を判断するようにしています。

ぜひこれからFXを始めようと考えている方は、学習を続けることを習慣化させるところから始めてもらいたいと思いますね。

それは私だけでなく、クロスリテイリングさんでもお伝えしている投資家として大切な考え方となります。今だけでなく、中長期的に稼げるトレーダーというのは、やはり学習がなにより大切なものになるんですね。

そうした考え、気持ちがクロスリテイリングさんと一致したために、私はこうして多くの方に投資知識をお伝えする場を設けてもらっています。最後まで読んでくださった方は、ぜひその投資家の大切な部分を覚えておいてください。

また、とうし科!!でお伝えしている内容に併せてオススメしたいのが、私が講師を務めさせてもらっている無料講座「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」です。

このコンテンツでは名前のとおり、1分足で瞬時に稼げるロジックを紹介しています。
シンプルでありながら、その内容は私が10年間、検証を繰り返しながら作り上げた珠玉のロジックです。この1分足ロジックのルールに則ってトレードするだけで、8割以上の勝率を叩き出すことにも成功しています。

そのため、なかなか利益を上げられないと悩んでいるFXトレーダーには、ぜひ一度学んでみてもらいたい内容です。

また、もうひとつの特徴として、シンプル故に再現性が高いロジックである点も挙げられます。つまり、これからFXを学んですぐに利益を手にしたいと考えている初心者にとってもオススメできる無料講座だと思っています。

短時間で簡単に稼げる内容ですから、スキマ時間でトレードしたい人にも適しているでしょうね。安定してコツコツ収益を積み重ねることができるロジックを無料で学べる機会はなかなかありませんよ。

現在のところは無料で受講できる講座ですが、こちらは期間限定となっています。ここで興味を持ってくれた方は、この機会を逃さないでください。

今すぐ利益を得たいと思っている方。
FXを学習するための無料講座を探している方。
短時間で稼げる方法を学びたい方。

上記に当てはまると思ったら、今すぐ下記から私の「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」でFXの学習をすることで、稼げるトレーダーを目指してください。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「通貨の傾向」を捉えて相場を分析してみる

PAGETOP