1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. チーム永岡
  4. ついにブロックチェーンに関して重い腰を上げ始めた日本

ついにブロックチェーンに関して重い腰を上げ始めた日本

ついにブロックチェーンに関して重い腰を上げ始めた日本

こんにちは!
チーム永岡です。

いきなりですが、最近の仮想通貨に対してみなさんはどのようなイメージを持たれているでしょうか?
「早く値段上がらないかな?」とだけ考えている人も多いのではないでしょうか。

チーム永岡の渡辺(=てらっきょ)も、チーム永岡のリーダーである永岡から、仮想通貨というものを教えてもらった2年ほど前はそうでした。
※チーム永岡の渡辺は、普段てらっきょと呼ばれているので、読者の皆様により一層親しみを持ってもらう意味で、てらっきょで覚えていただけたらと思います。

その頃のてらっきょも、仮想通貨に関しては通貨のその時の価格だけで判断するという薄っぺらい人間であり、薄っぺらい情報でやっていたんです。

しかし2年という歳月を経て、仮想通貨で天国や地獄を見たことによって、「仮想通貨とはそもそも何なんだ?」という本質的なところに興味を持つことができました。

そして勉強をすればするほど、仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術が根幹にあり、それがあるからこそ銀行のように中央で管理する管理者がいなくても、価値を担保しセキュリティを確保できるといった面に惹かれていきました。

現にビットコインは単なるプログラムで作られたデータのようなものですが、2009年に実装されて以降、1度もサーバーや、システムがダウンしたことはありません。

そこに価値が付随し、現在の価格で今は落ち着いているといった状況です。

お金とはそもそも、人の信頼があってこそ価値があると成り立ちます。
世の中の人々が価値があると認めたら価値があるし、価値がないと認めたら価値がないということになりますよね。

銀行などのサーバーは何度かダウンしたこともあり、セキュリティ面で難ありといったところがてらっきょの意見です。

そのため、現在銀行側もキャッシュレス化への取り組みやブロックチェーン技術を用いた資金管理をしていくなどと、ビットコインの技術においていかれないように、銀行のシステムの中に取り入れる動きが活発に見受けられます。

現在のシステムのままでは、ビットコインなどのブロックチェーンで管理する通貨のほうが私たちのお金を守るのに適しているといえます。
そちらに資金が流れかねないので、銀行側の存続戦略としてブロックチェーンシステムを採用しているのではと、てらっきょは推察しています。

日本は特に、ITに関するセキュリティ面でのリテラシーが低いのが原因で、いたるところでハッキングが行われていることをみなさんは知る必要があると、てらっきょは感じています。

以前の記事でもお伝えしたとおり、私たちの個人情報はAppleやGoogle、Facebook社が保有しており、私たちのお金に関しても銀行が保管して管理しています。

もし顔も知らない人たちが私たちの個人情報や、お金を勝手に使っていたらどう思いますか?

現にそのようなことは日常的に行われています。
今では個人情報は企業間にて高値で売買されており、インターネットの普及により個人のパーソナリティ、プライバシーが無くなりつつあるといえます。

しかし、相手ばかり責めていても意味はありません。
悪いのは私たちのほうでもあります。

自分の身の守り方を知らず、無料だからといって使っている検索エンジンやその他さまざまなサービスが個人情報の収集のために使われているということですから。

無料ということは、その裏には必ずなにかがあります。

値段だけに惑わされず本質を見抜く力は、仮想通貨だけに限らず、日常生活のあらゆる場面でこれから必要になってくるでしょう。

キャッシュレス化に言及する国会

国会で議論

少し熱くなってしまい、前置きが長くなりましたが、本題であるブロックチェーンに関する話題に入っていきましょう。

今回てらっきょが注目していくのは、麻生大臣や日銀副総裁が国会で仮想通貨(ブロックチェーン)に言及したことについてです。

2月27日の衆院予算委員会で立憲民主党の中谷一馬議員は、麻生大臣と日銀雨宮正佳副総裁に対し、キャッシュレス化の推進やブロックチェーン技術などのスタンスや取り組みを質問しました。

「まずそもそも予算委員会ってなんなの?」って思われる人のためにてらっきょが簡潔にまとめていきます。

予算委員会とは、日本の衆議院、参議院における常任理事会の1つで、予算審議と議決を行うための常任理事会です。
国の予算に関する全てのことが審議の対象になるといったところが特徴になります。
この予算委員会はNHKの中継が入るなどと、注目度の高いものとなっています。

今まで表向きには出てこなかったブロックチェーンに対しての会議が、このようにメディアを通して我々に流しているというのも、何か意図があってのものかもしれませんね。

ここからは、その中で行われた質疑応答の内容についてご紹介していきましょう。

中谷議員の質問:
「キャッシュレス化を推進する前提において、デジタル通貨発行を経済成長を目指して戦略的に進めている国もある。『eクローナ』と呼ばれる法定デジタル通貨発行の検討を進めるスウェーデンやウルグアイでは、すでに実証実験を始め、中国でもデジタル通貨の動きがある。
中央銀行が発行するデジタル通貨『セントラルバンクデジタルカレンシー(CBDC)』について、どのように捉えているか?」

この質問に対して、麻生大臣の回答:
「海外で研究が進んでいることは承知している。
国民の利便性や決済の安全性、また金融システムへの影響等々も考えないといけない。新しいものが出たからと、簡単に飛びつく訳にはいかず研究が必要だ。
ブロックチェーン技術は、『将来大きく化ける可能性がある』とは考えている」

このように回答しました。
さらに続いて、中谷議員の質問:
「仮想通貨市場の時価総額が最盛期は100兆円規模まで膨れ上がる中、コインチェックやZaifの不正流出(ハッキング)事件が起こった。稚拙な経営・管理でイメージを損ねてしまった現実もある。
しかし、そういった中で、ブロックチェーン技術自体が、誤解された形で浸透してしまうのは非常に残念。一方でイノベーションを伸ばしていかなければならない。
インターネットは、情報の流通や共有で社会を変革させた。ブロックチェーンは価値の交換・流通でイノベーションを起こす、インターネットの再来だと潜在的には思っている。ブロックチェーンの良い形での発展を望んでいる。
10~20年後にはデジタル通貨が主流になっている可能性もある。時代に対応した、研究・対応を進めていく必要がある。これに対して所感を伺いたい」

この質問に対して、麻生大臣の回答:
「財務金融委員会でも、各党からこれまでにも、クリプトアセットに関しても論議されている。
技術や可能性はあると感じているので、ただ禁止するというよりは注意深く育成していくほうが望ましいというのは、私の基本的な考え方だ。
しかし、これは財務省の総意ではなく、「とんでもない」という懐疑的な見解もある。事業者に対しては自覚を持っていただきたい」

このように回答しました。
そして最後に、中谷議員の質問:
「ブロックチェーンの利活用は、今後どのように活用されていくのか?」

このように質問したことに対し、内閣府、田中副大臣の回答:
「利用者保護を確保しながら、イノベーションの進展に向けて、ブロックチェーンを含むフィンテック分野を支援していきたいと考えている。
暗号資産に関して、肯定的・否定的な見解が政府内にも混在する中、一般論でいえば、金融取引が低コストで行えるブロックチェーン技術と表裏を成すものという評価もある。価格変動の大きさでも、使用できるシーンが限定される。犯罪利用などのリスクも高いという指摘もある。
現時点での有用性は低いものの、インターネットの黎明期同様、試行錯誤を経て発展する可能性は十分にある。利用者保護とイノベーションの観点から、しっかりと支援していきたい」

こういった回答をしました。

今回ご紹介したのは、予算委員会での議論の、ほんの一部ですが、より大事な部分だけをまとめてみました。

このように、国が重い腰をあげてブロックチェーンに対して向き合い始めたことはこれから先の仮想通貨市場に大きな影響を与えることになるのは間違いないと、てらっきょは推察しています。

最初にわたくし、てらっきょ自身の見解にも述べたように、ブロックチェーンには既存の技術を破壊し、新たに創造するイノベーションの力を持っていると感じています。

今後のさらなる発展とイノベーションに期待していきましょう。

次回もより一層いい情報をお届けしてまいります。

最後にあなたへのメッセージ

本日も仮想通貨の様々な情報について、最後までお読みいただきありがとうございます。

仮想通貨は人気の高い、今もっともホットな投資商品ですが、ただ始めればすぐに利益獲得できるのかといえば、そんなこともありません。
長期的に利益を手にし続けるためには、最新情報を常にキャッチすること、根気よく学習し続けることが重要になります。これは私たちだけでなく、クロスリテイリングさんでも推奨している、すべての投資商品にいえる成功者の秘訣です。

クロスリテイリングさんといえば、投資教育の普及をしていきたいという高い志を掲げていらっしゃいますが、実は私たち、チーム永岡も将来は「お金の仕組みを学べる、投資の学校を作りたい」という大きな夢を持っています。

このような理念の一致もあったからこそ、私たちは「人生を大きく変えられる仮想通貨の魅力」を、こうして定期的に発信させてもらっています。

もしも今回の記事で「もっと仮想通貨のことを知りたい!」「仮想通貨で億り人になりたい!」と感じていただけたなら、ぜひチーム永岡からの最新情報をゲットできる、LINEの登録をしてみませんか?

今後もますます盛り上がっていくこと間違いなしの仮想通貨に注目している方であれば、絶対に見逃せない内容が、LINEの登録をしていただくことで、いち早く手に入ります。

私たちがどれほど仮想通貨にアツい思いを注いでいるのか。
本日の記事をご覧になれば伝わるかと思いますが、さらに以前、実際に私たちがリアルに利益を得ている場面を公開した動画もありますので、併せてご覧になってみてください。

こちら、2017年12月13日(水)に行った生放送では、10日間で900万円の利益を獲得した結果をご紹介しています。

チーム永岡のリアルトレード動画

チーム永岡からのお知らせをLINEでいち早くゲットすれば、わざわざ自分で仮想通貨情報を探しにいかなくても、私たちと同じ目線で、注目するべきアツい情報がすぐに把握できます。

また、見逃せないニュース情報だけでなく、私たちが仮想通貨をどのように捉えているか、今後の展望についてどう考えているかなども、記事の中で触れる機会はあるでしょう。
そちらもぜひ、チェックしてもらいたいですね。

これから仮想通貨で利益を増やしたいなら、まずはこちらでLINEのともだち登録をして、私たちチーム永岡からの情報を今すぐゲットしましょう。

チーム永岡LINE@

この記事を書いた人のプロフィール

team_nagaoka

チーム永岡

若干20歳の3人で構成されている、仮想通貨トレーダーチーム。リーダーの永岡勇大を中心に活動しており、たった1年半という期間で、50万円の資金を1億円以上に増やした実績を持つ。海外から入手する有力情報を武器に、現在はシグナル配信プロジェクト「ビットコイン・シグナルクラブ - プレミアム -」にて活躍中。自分達の人生を変えてくれた仮想通貨の良さを、多くの方に知ってもらいたいという熱い想いを持っている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. チーム永岡
  4. ついにブロックチェーンに関して重い腰を上げ始めた日本

PAGETOP