1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 生活に溶け込むブロックチェーン!~加速していく仮想通貨の需要~

生活に溶け込むブロックチェーン!~加速していく仮想通貨の需要~

生活に溶け込むブロックチェーン!~加速していく仮想通貨の需要~

こんにちは!
チーム永岡です。

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

今週の仮想通貨も活発な動きを見せてくれましたね。

堅調な上下の動きを繰り返すことによって着々と仮想通貨市場が大きくなっていることがわかります。

今回も様々な情報をこちらで共有していきたいと思います。

ますます身近になるブロックチェーン

食品

まず1つ目にご紹介するのは、ブロックチェーンを活用した例についてです。

皆さんはブロックチェーンをシステムに組み込むことによって何が可能になるかはご存知でしょうか?

ブロックチェーンをサービスに組み込むことによって新たなサービスを生み出すことができます。

ブロックチェーンで最近注目されているのは食品に対する展開です。

食品に関する「産地偽造」問題などを解決するため、ワインボトルに貼られたQRコードにスマートフォンをかざすことで、日付、製造工程の写真、生産者情報などを確認することができます。

日本経済新聞の報道によると、有機農業発祥の町として知られる「宮崎県東諸県郡綾町」のワイン生産者と電通国際情報サービスは、栽培から製造、流通までの履歴をブロックチェーンに記録する実験を今年4月から開始しました。

宮崎県東諸県郡綾町は「有機農業の町」などをスローガンとする町おこしの成功例として知られ、全国各地から自然の中での人間らしい生活を求める移住者が後を絶たない「日本で最も美しい村連合」の1つとされています。

チーム永岡の渡辺も自然が好きなのでこのような街に一度行こうと思います。

また有機野菜とは、農林水産省が定めた「有機JAS規格」に適した野菜で、多年生野菜は3年以上、単年野菜は2年以上の間、禁止農薬・化学肥料を使用していない土壌で栽培するものが相当します。

この町は2017年3月、株式会社「電通国際情報サービス」のオープンイノベーションラボと提携し、2016年10月より有機農産物の品質を、ブロックチェーン技術を活用して保証する実証実験を進めていることを発表しました。

東京都港区のヒルズマルシェの朝市で、生産情報を付与した野菜が販売店を出す試みなどをおこなっています。

これらの例からわかるように仮想通貨の基盤の技術であるブロックチェーンは、記録の改ざんが困難という高いセキュリティー性から、自治体の公文書の管理や、ワインなどの農産物の生産履歴の証明にも使われ始めています。

食品に関する産地偽造問題を解決するため、ワインボトルに貼られたQRコードにスマートフォンをかざすことで、日付、製造工程の写真、生産者の情報などを確認できます。

・手作業で管理されていた書類が、電子化されたデータでブロックチェーン上に集約されることで、管理コストの大幅削減が見込める
・品質管理だけでなく、農産物のデータが一元管理する「流通システム」への実装も見込める
・生産者情報に加え、土壌の品質や農薬料なども確認できる

これらのおかげでトレーサビリティ(生産履歴の追跡)の信頼を高め、高付加価値な商品を消費者に届けることが可能になります。

ブロックチェーンを活用することによって情報を守りつつ開示することができることがおわかりいただけたと思います。

これらの革命を起こせるシステムだからこそ、大手企業がこぞって、自社のサービスにブロックチェーン技術を取り入れていることがわかります。

加速する高齢化と、高まる投資の需要

危機

次は金融庁が発表したことに注目して見ていきましょう。

金融庁は、少子高齢化社会の加速を見据えた報告書を公表しました。

年金頼みの生活設計が事実上破綻する可能性を示唆した上で、老後に備えて金融資産「2000万円」の貯蓄が必要だとしています。

これらが要因で株式や仮想通貨ビットコインを含め、若いうちからの投資需要は、一層高まる可能性が高いといえます。

金融庁は、金融をめぐる特に大きな背景として、国内に置ける人口減少・高齢化問題を挙げ、「我が国の総人口が減少局面に移行した中、長寿化は年々進行し、「人生100年時代」と呼ばれるかつてない高齢社会を迎えようとしている」と言及しました。未婚率の上昇も関係していることも述べています。

金融庁は「生活資金やいざという時の備えた資金については、元本の保証されている預貯金等で確保しつつ、将来に向けて少額からでも長期・積立・分散投資による資産形成を行う」ことを前提にしています。

また、日本政府は「貯蓄から資産形成へ」というスローガンを掲げており、家系そのものにタックスインセンティブを与える仕組みを導入すべく、株式市場でも2014年から非課税枠となる「NISA(少額非課税制度)」の仕組みを整備しました。

しかし、給与所得のほかに資産形成・運用といった自助努力を行い、積立投資などの堅実かつ中・長期運用を中心に2000万円もの金融資産を貯めるのは、現実的には容易ではないことが予測されます。

このような時代背景もあり、伝統金融商品である株式や投資信託に加え、少額資金から運用できる新しい資産クラスの仮想通貨ビットコインにも関心が集まっており、若年層における資産運用需要は将来的にますます高まっていくことが想定されます。

国が私たちに資産形成を促さなければならないほど、国に余裕がないことが予測できますね。

これからの人生は国に頼ることなく、自分の頭で考えて生きていかないといけない時代が来たといえます。

それらの背景がバネとなり、1つの金融資産として仮想通貨が上がることは必然的なこともわかると思います。

これからの金融市場は波乱な状態になると思いますが、それで仮想通貨市場がどのようになるのか、かなり楽しみです。

最後にあなたへのメッセージ

本日も仮想通貨の様々な情報について、最後までお読みいただきありがとうございます。

仮想通貨は人気の高い、今もっともホットな投資商品ですが、ただ始めればすぐに利益獲得できるのかといえば、そんなこともありません。
長期的に利益を手にし続けるためには、最新情報を常にキャッチすること、根気よく学習し続けることが重要になります。これは私たちだけでなく、クロスリテイリングさんでも推奨している、すべての投資商品にいえる成功者の秘訣です。

クロスリテイリングさんといえば、投資教育の普及をしていきたいという高い志を掲げていらっしゃいますが、実は私たち、チーム永岡も将来は「お金の仕組みを学べる、投資の学校を作りたい」という大きな夢を持っています。

このような理念の一致もあったからこそ、私たちは「人生を大きく変えられる仮想通貨の魅力」を、こうして定期的に発信させてもらっています。

もしも今回の記事で「もっと仮想通貨のことを知りたい!」「仮想通貨で億り人になりたい!」と感じていただけたなら、ぜひチーム永岡からの最新情報をゲットできる、LINEの登録をしてみませんか?

今後もますます盛り上がっていくこと間違いなしの仮想通貨に注目している方であれば、絶対に見逃せない内容が、LINEの登録をしていただくことで、いち早く手に入ります。

私たちがどれほど仮想通貨にアツい思いを注いでいるのか。
本日の記事をご覧になれば伝わるかと思いますが、さらに以前、実際に私たちがリアルに利益を得ている場面を公開した動画もありますので、併せてご覧になってみてください。

こちら、2017年12月13日(水)に行った生放送では、10日間で900万円の利益を獲得した結果をご紹介しています。

チーム永岡のリアルトレード動画

チーム永岡からのお知らせをLINEでいち早くゲットすれば、わざわざ自分で仮想通貨情報を探しにいかなくても、私たちと同じ目線で、注目するべきアツい情報がすぐに把握できます。

また、見逃せないニュース情報だけでなく、私たちが仮想通貨をどのように捉えているか、今後の展望についてどう考えているかなども、記事の中で触れる機会はあるでしょう。
そちらもぜひ、チェックしてもらいたいですね。

これから仮想通貨で利益を増やしたいなら、まずはこちらでLINEのともだち登録をして、私たちチーム永岡からの情報を今すぐゲットしましょう。

チーム永岡LINE@

この記事を書いた人のプロフィール

team_nagaoka

チーム永岡

若干20歳の3人で構成されている、仮想通貨トレーダーチーム。リーダーの永岡勇大を中心に活動しており、たった1年半という期間で、50万円の資金を1億円以上に増やした実績を持つ。海外から入手する有力情報を武器に、現在はシグナル配信プロジェクト「ビットコイン・シグナルクラブ - プレミアム -」にて活躍中。自分達の人生を変えてくれた仮想通貨の良さを、多くの方に知ってもらいたいという熱い想いを持っている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 生活に溶け込むブロックチェーン!~加速していく仮想通貨の需要~

PAGETOP