1. とうし科!!のホーム
  2. トレーダーズQ&A
  3. もう損はしない!FXで利益を得るための有効的な検証方法

もう損はしない!FXで利益を得るための有効的な検証方法

もう損はしない!FXで利益を得るための有効的な検証方法

今回はFXで安定して利益を獲得するために重要な、検証の方法についてのご質問を紹介していきます!

第6回となる今回は、

・そもそもなんで過去検証しなきゃいけないの?
・デモトレードと過去検証って違いはあるの?
・検証方法を教えてください!

この3つの疑問にお答えします。

まず、FXで取引をするうえで、考えていただきたいのは、実に様々なトレード方法が存在することです。

酒田五法・エリオット波動論・ライントレード・・・など、その数は、極端ですが星の数ほどあります。

中には自分自身でオリジナルのトレード方法を作り上げている方もいます。

そのようなトレード手法の有効性を確認するために行うのが「検証」という作業です。

今回はこの「検証」にフォーカスして、実際に寄せられたご質問をもとに詳細に解説していきますので、ぜひあなたのトレードの参考にしてみてください!

そもそもなんで過去検証しなきゃいけないの?

質問者さん

検証が大事なのはわかるのですが、そもそもなんで“過去”検証しなきゃいけないんですか?

そうですね、例えば、「勝率90%のロジック」と聞いただけでいきなりその手法を使って取引する勇気はありますか?

自分で確かめもせずに手を人なんていませんよね。

何かしらの形で、本当に勝率90%だと確認できれば、その手法を使って自信を持って取引することができるかと思います。

それを確認するための方法が、今回お伝えする「過去検証」なんです。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

手法に自信を持つために行うのが検証なんですね!

ちなみに、それ以外に検証を行うメリットはあるんですか?

そうですね、手法の優位性が確認出来ること以外にも、その手法の得意な相場状況・不得意な相場状況もわかるというメリットがあります。

レンジ相場で勝率が低かったけれども、トレンド相場では勝率が高かったり、順張りトレードの手法のつもりが、逆張りのほうが勝率が高かったなど、検証をすることでその手法の新たな一面を見つけることもできるのです!

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

なるほど!細かい特性を理解することも大切なんですね!
ちなみにどんなトレード手法でも、過去検証はやったほうがいいんですか?

そうですね、過去検証は必ずやりましょう。

優位性を確認できるだけでなく、その手法の練習にもなるんですよ。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

そもそもなんで過去検証しなきゃいけないの?のまとめ

・どんな手法でも検証を行うことは大切
・検証をすることでトレード手法の勝率・特性などを確認することができる
・検証は手法の確認以外にもトレードの練習にもなる

デモトレードと過去検証って違いはあるの?

続いてのご質問は、デモトレードと検証の違いについてのご質問です。

デモトレードだけでなく、過去検証を行うことの利点とメリットに関してお答えいたします!

ぜひこの機会にデモトレードと過去検証の違いについて学んでみてくださいね。

質問者さん

デモトレードと過去検証に違いってあるんですか?

そうですね、デモトレードと過去検証には大きな違いがあります。
その違いを簡単にまとめてみました。

デモトレード
・実際の相場でトレード練習ができる
・手法の優位性を確認するのに膨大な時間がかかる
・検証中の勝ち負けにメンタルを左右される

過去検証
・過去に遡って優位性を探せる
・簡単に数年分の優位性を確認できる
・検証中の勝ち負けにメンタルを左右されない

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

デモトレードより、過去検証の方が良さそうですね。

それならばデモトレードはしなくても過去検証だけでいいのではないでしょうか?

確かに、過去検証の方が利点が多くありますね。
しかし、だからといって、過去検証だけすればいいものではありません。

あくまで過去検証はその手法の優位性や勝率を過去相場で確かめるために行うことです。

ですので、リアル相場でその手法をうまく使いこなすことができるのか、その手法を使っている間のメンタルはどうなのかといった、実践的な部分を鍛えるためには、デモトレードの検証が欠かせません。

ですから、本当の意味であなたがトレーダーとして勝率を上げたいのであれば、両方とも取り入れていただきたいと思います。

「過去検証でその手法の優位性を確認して、デモトレードで実践的なトレーニングを行う」

これが最もトレード技術の上がる方法だと言えます。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

デモトレードと過去検証って違いはあるの?のまとめ

・過去検証は過去相場で優位性を確認するための検証である
・デモトレードは現在の相場で優位性を確認しながら実践的なトレーニングを行う検証である
・デモトレードも過去検証もメリットがあるのでどちらも取り組むことが大切

検証方法を教えてください!

続いてのご質問は、「どんな検証をすればよいのか」についてのご質問です。

検証をするといっても、何が知りたいのかを明確にしなければ、意味がありません。
ここでは、ご自身のトレードに即反映できる実践的な検証方法についてお答えいたします!

ぜひこの機会に検証方法について学んでいただければと思います。

質問者さん

過去検証って実際にはどのようにすればいいの?

過去検証といってもやれることはたくさんあります。
まずはどういった内容で検証をしたいのかを明確にしましょう!

例えば、

・どんなトレードルールでエントリーするのか。
・どの時間足で行うのか。
・決済のタイミングはどうするのか。
・損切りはどうするのか。

そしてこれらを決めたら検証期間を決めます。

検証期間は短すぎてもデータが少なすぎますし、あまりにも昔の相場であれば、今の相場とマッチしないこともあるので、直近1年分のデータを取ると、適切なデータ量になると思います。

このように、自分の確かめたい内容、その期間を明確にしておくだけで、検証目的がハッキリします。

そして、内容を決めておくことで、手法の結果が悪かった場合、その原因を探りやすくなり、改善方法が浮かびやすくなります。

「この損切り位置だとすぐに損切りになってしまうからもう10pip下に設置したほうがいい」

「この決済タイミングだとちょうどいいからタイミングはこのままにしておこう!」など。

より有効的なトレードルールを構築していけるようになることを目指していきましょう!

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

なるほど、検証をする場合は、その内容を細かく明確にしていくといいんですね!

検証中に気をつけたほうがいいことってありますか?

検証をする上で気をつけなければいけないことは大きくわけて3つあります。

まず、1つ目が「トレードルールを守ること」です。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

トレードルールを守る…それって当たり前のことじゃないんですか?(笑)

確かにそう思うかもしれませんね。
しかし、これは簡単に思えて実は難しいポイントなのです。

過去検証はすでに先の相場状況がわかっている状態で行います。

ですから、ついつい自分のいいように捉えてしまうことがあります。

「本来はトレードしない相場状況だったが、実際の相場を見るとこのあと上昇しているから入ってもいいだろう…」

「エントリータイミングだったが、その後レンジになっているから入らないでおこう…」

このように考えてしまう人が意外と多いんです。

結果を見ながらトレード内容を変えてしまっては過去検証の意味がありません。

ですから、過去検証だからこそ、トレードルールを守っていただきたいのです。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

確かに、いいように解釈した検証じゃ実際の結果と違いますよね!

2つ目の気をつけるポイントってなんですか?

2つ目は1つ目に付随した内容になるのですが、「未来を見ないで検証する」ということです!

これは先ほど伝えましたが、エントリー前にその先の相場状況を見てしまうといいように解釈してしまうため、トレードルールに沿って検証を行うために重要なポイントです。

また、未来相場を見なければ、実際のトレードと同じような状態で検証することができるため、相場予測の練習にもなりますし、より有効的な検証になるのです。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

過去検証をしていると、先の相場状況が表示されているからついつい見てしまいそうですね。
今後気をつけてみます!

最後のポイントはなんですか?

最後のポイントは「時間帯」です。

過去検証を行う際は、実際に自分がトレードできる時間を想定して検証する必要があります。

「1日のトレード回数が20回で勝率も80%以上」だったとしても、「実際にトレードできる時間帯だけだと勝率が30%だった」なんてこともあるからです。

ですから、実際にトレードできる時間帯を決めておき、その時間帯に絞って検証を行うことが、より実践的な検証になります。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

質問者さん

なるほど!過去検証であっても、できるだけ本番に近い検証結果を出すんですね!

他には検証時にやったほうが良いことはありますか?

過去検証をするのであれば、できるだけ「長期間の過去検証をすること」ですね。
検証する期間は長ければ長いほど、より詳細なデータを取ることができます。

1ヶ月分のデータで利益が出たとしても年間を通すと損になってしまうトレードルールでは意味がないですからね。

なるべく1年間は過去検証することをおすすめいたします。

そして年間単位で利益を出していける常勝トレーダーを目指してください。

とうし科!!事務局

とうし科!!事務局

検証方法を教えてください!のまとめ

・トレードルールは明確に決めること
・未来を見ずに行うことで、より実践的な検証ができる
・自分がトレードできる時間帯だけ行うことで、より現実的な検証になる
・長期間の過去検証でより詳細なデータを取ることが安定的に利益を出していける近道

最後に

いかがでしたでしょうか。

検証作業は決して難しいことではなく、意識して取り組むだけで実践が可能です。

結果が芳しくない手法だったとしても、検証を行うことで、改善点が見えてくるので、そこから優位性をもった手法に生まれ変わらせることができます。

そうやって勝率・利益率が高いロジックを見つけていき、結果が伴っているロジックを実際のトレードで使っていくことによって、利益を上げ続けている常勝トレーダーへ近づくでしょう。

ぜひ、何度も何度も検証を繰り返し行い、自信を持ってトレードができるトレードロジックを見つけてください。

今回お話した検証をもっと突き詰めたい方はこちらの無料講座がオススメです。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この講座では、検証の鬼と呼ばれるTAMURAさんの1分足ロジックを学ぶことができます。

もちろんロジックだけでなく、検証についても、どうすれば効果的に、どうすればメンタルを支配できるのかまで、無料で学ぶことができます。

本来であれ有料でお届けする内容を、今ならメールアドレスを登録するだけでご覧いただくことができるので、たくさんのFX初心者の方にも人気の内容になっています。

ぜひともこの講座で検証の大切さや、稼ぐことの楽しさを学び、FXで利益を上げ続けるための土台となる知識を身に着けていきましょう!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. トレーダーズQ&A
  3. もう損はしない!FXで利益を得るための有効的な検証方法

PAGETOP